絶縁針脱毛法とニードル脱毛法の違いについて

同じ電気脱毛でも、絶縁針を使用する脱毛法とニードルを使用する脱毛とがあります。

どのように違うのでしょう。

調べました。このふたつの方法、どちらにも 毛穴に針を刺し、そこへ、電流・高周波を流す事によって、
毛根を破壊、一生、むだ毛が、生えてこないようにするのというのは同じです。

電気脱毛の特性上、 針を差し込んだ部分の皮膚が、電気の影響で傷ついてしまうという可能性があります。
そこで、皮膚を痛めないように絶縁加工を施した針が絶縁針といい、それを用いて、1本づつ、脱毛していきます。

数回、クリニックで治術を繰り返していると、毛の再生能力が弱まってゆき、
最終的には永久に生えないということ になります。

現在では この絶縁針脱毛法は最も安全な方法とされ、皮膚の脱毛後の炎症や、
色素沈着を起こすケースが少なくなり、少し強い電流を流し、
より確実に毛根を破壊する事ができるようになったという事です。

逆に、ニードル法は、この絶縁加工が施されていないため、皮膚に炎症や、
色素沈着を起こす可 能性も高くなるという事です。

そのかわり、金属アレルギーを防ぐため、チタンやゴールドで加工されており、
もし、金属アレルギーを持つ人なら、ニードル法 を医師から勧められるという事です。

金属アレルギーでショックを起こすくらいなら、まだ、少しの炎症や、
色素沈着でおさえられる事を優先するのは当然の事 ですね。

色素沈着は少し、後の改善処置が難しいようですが、炎症ならば、医師と相談して、
炎症をとめる薬剤を処方してもらい、個人差はありますが、1週間 から10日くらいで改善されるという事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ