娘に勧められて脱毛

私たち夫婦には二人の子どもがいます。すでにふたりとも成人しており、下の娘も就職して自立できることになり、親としてはひと安心。

10代での授かり婚だったので、当初は双方の両親に反対されていました。しかし長男が孫として生まれてきたらやはり可愛いので、なんとか認めてもらえました。

でも、経済的には頼ることができなかったので、私も主人も必死で働き、出来る限りの愛情を注いで育ててきました。 息子は主人の甘いもの大好きが遺伝してパティシエの道に、娘は人の幸せを応援したいとブライダルの道に就職しました。

そんな子どもたちから私たち夫婦に結婚式のプレゼント。色々と考えてくれていて、主人は後でこっそりと泣く始末。結婚して23年目にこんなに幸せなことが待っているなんて思いませんでした。

その時に娘に勧められたのが脱毛でした。今の花嫁さんたちの常識と言われ行くことにしたのですが、行ってみるとなかなか楽しくて。まだ一度だけとはいえ、自分でやることに疲れていたし、綺麗になるので凄く嬉しい。
なんと言ってもサロンで「結婚式ですか。

楽しみですね」と言われ、「お子さん二人!しかも成人してるんですか?見えないですよね」と言われるのがとても嬉しくて。「親孝行な子どもさんたちですね。」と言われたのが何よりの幸せで。

成人した子どもがいるとはいえ私はまだ40歳。体力はともかく女として若々しくキレイでいたいと思う気持ちはあります。子どもたちがくれたこのきっかけを大事にして、今の女性の常識ともなった脱毛、きちんと続けていこうと思います。いつか、息子の恋人や娘の姉に間違ってもらえるようになるといいなぁ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ